Blog

マテンロワークスという屋号

Category:

diary

マテンロワークスのネーミングの歴史について振り返ってみますと
最初期は10年以上前のことになります。
Pixivなどが出てくる前は自作のイラストやお話を掲載するサイトを作っている人がたくさんいました。わたしもオリジナル(一次創作)イラストのサイトを作っていました。そのサイト名から拾っています。

その当時、TRICERATOPSというバンドの「摩天楼」っていう曲が無性〜〜に好きで。TRICERATOPSが好きすぎて。サイト名にまで使ってしまったという高校生頃にありがちなやつです。
アルバムの曲なんですけど思い出してさっき久しぶりに聴いたらめちゃくちゃ良かったです。

ここ数年、また一次創作で何かしたいな〜という気持ちが沸いていまして、
具体的にいうとZINEやオリジナルグッズを作ってデザフェスみたいなイベントに出展したい欲が出て来たんです。
そういうのに出展するときにブース名というか屋号的なものをつけないといけないので、
また「摩天楼」を復活させようと。心機一転表記を変えてカタカナで「マテンロ」にしようと思いました。
結局野望を抱いてるうちに人生が暗転したので未だ参加は叶ってないんですけど(でもこれは来年くらいに実現したいです!)

ここまでが前置きです。
そういうことでファンアート活動じゃなくて自分のオリジナルや仕事としての活動については、もうこの「摩天楼(マテンロ)」を使うというセオリーがほぼ出来上がっていたので、屋号を決めるときに、やっぱそのまま「マテンロ」を使った方が、イベント出展するときも同じ名前でできるし決まり決まり!…と、開業2週間前くらいまでは「マテンロ」までが屋号のつもりでいました。

が、世間では屋号を決めるときどうしてるんだろうって気になったので、色んなフリーの方のブログを見てたら、
多くの方が結構言ってるのが「屋号を見てどんなことをしているのかわかるのが大事」的な…

確かに…マテンロだけじゃ全然何やってるのかわかんない…しかも無駄にしゃらくさいぞ… と思い、考え直すことに。

知り合い周囲の方の屋号を見ると、●●デザインとか、●●オフィスとか、またはWebっぽい単語を入れてたりとか、なんかこう…そういう仕事してますよ!感がある。
けど、同じ言葉を使うのはちょっと気が引けたのと、
Webとイラスト両軸で行きたいからデザインとかWeb単語は合わないかもって思ったので、どちらでも通用しそう且つ「なんかそういう仕事してそう」感を出せそうな「ワークス」をつけてみました。

存分にしゃらくさいですがちょっとは制作してそう感が出たんじゃないかなと思います!

Aboutのページに書いてる「屋号に込めた思い」は完全に後付けだということがお判りいただけたと思いますが、でもあれはわたしが日頃目指しているところであることは事実なので、うまくハマったな!とニヤニヤしてます。
高校の頃の気持ち引きずって曲名を屋号にするのかよ!!という気持ちも若干あったんですがここに落とし込めたことで今の所いい感じで気に入っています。
いい屋号かどうかはわからないですけど、わたしはこの屋号と生涯付き合っていくことになりました。

振り返って見て
ここまで摩天楼を引きずることになったTRICERATOPSという存在、あまりに最高なんだと再確認しました…

About Matenro Works

マテンロワークスは神奈川県湘南地区を拠点にWebサイト制作、イラスト制作を行っているフリーランスデザイナー・イラストレーターです。法人・個人事業問わずWebサイト制作、イラスト制作についてのご依頼、ご相談をお受けしております。下記のフォームよりお気軽にご連絡ください。

ご連絡メールフォーム

Go Back Blog Top

ページトップにもどる